★カメラ女子・管理栄養士の写真旅行ブログ★

カメラマン始めました。撮影依頼はコメント下さい!

「赤い河」という曲を聞いて泣いてしまったこと

B'zの“LIVE DINOSAUR” ツアーのDVD、ブルーレイが2018年7月4日に発売決定となりました!!!
bz-vermillion.com

嬉しいですね。しかも、私が聞けなかったMOTELが入ってる・・・!!!
私がライブに参加した時は、どちらもDon't Leave Meだったのです。
travel-dietician.hatenablog.com
travel-dietician.hatenablog.com

さて、待望のDVD、アマゾンで予約はこちら♪⇒B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR” (DVD) 【 初回出荷生産分のみ 】オリジナル・ペットボトルカバー封入
ブルーレイはこちら⇒B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR” (BD) 【 初回出荷生産分のみ 】オリジナル・ペットボトルカバー封入 [Blu-ray]

さて、こちらに収録される予定の、B'zの「赤い河」という曲を知っていますか?

人生考えさせられる曲ですよ。
私が初めて出会ったのは16歳くらい。

当時、高校2年生。

私は、学校つまらなかった組です。

行く意味もよくわからなかったし、友達もいませんでした。

私は、学校という箱をとても窮屈に感じていました。

クラスには可愛い女の子たちのグループ、おたくのグループ、それ以外のまじめグループ、とか色々あったと思いますが、

どこにも属せなかった。ギャルグループは派手だし、学校で問題だろそれっていうことを平気でしていても、

本人たちに罪の意識はない上に、先生も可愛い子たちは好きだから何も言わない。

おたくは会話が合わなさすぎる。女子高なのに自分のこと僕って言ったり、ペンネームにさん付けで呼び合う人たちと、

呼び合うペンネームはないし、なんだか怖かった。

まじめグループはまじめなくせに、仲の良くない人をハブるのが好き。

ついて言ってるつもりはなくても、後ろにいることが確認できると走って逃げたりする。

そういう人のどこが真面目なんだろう?

他にもキャッキャッとくだらないことで会話し、

暗い私に彼氏がいると目撃した人がいれば「なんで私にいないのにあの子にいるの」

と聞こえるように会話しだしたり。

正直、窮屈でした。

学校に友達ができないので、学校の子がいない場所で新しい友人を作って月~金が終わるのを待っていました。

嫌われた理由もよくわかりません。

ただ、自分がそういう人たちとうまくやっていく能力がなかったんですね。

これは私が悪いんですけど、今でも実はこのスタンスは変わっていません。

その理由は、B'zをずっと聞いていたからかもしれません。

B'zの曲には本当に励まされました。

赤い河は特に・・・

赤い河

赤い河

  • B'z
  • J-Pop
  • ¥250

The 7th Bluesってアルバムに入っています。まずは聞いてみてください。

この広い宇宙の中で、自分がいかにちっぽけな存在であるか、自分の悩みなんて塵のようだって気づかせてくれます。

止まらない いつまでも このくやし涙
理解りあえない 人たちから遠ざかりたい

このフレーズを聞いた時、学校で仲良くなれないわかりあえない人たちと、

無理に仲良くしなくても良いのではないかと感じました。

救えない 引き裂かれた心を誰にも
逢ってみたい このボクを求める人に

私の心は生きるうちにいろんなことによって引き裂かれました。

仲間はずれにされたり、追いかけてもいないのに走って逃げられたり・・・

そんなことにも気づけないくらい、もっと鈍感な心を持っていれば良かったって思うのですが・・・

私は結構敏感な方だと思います。よく言えば、この人今日体調悪そうだなとか機嫌悪そうだなとか、

髪切ったとか服装変わったなとか、今日目が赤いよとか、メガネ変わったねとか、すぐ気づくタイプなんです。

だから自分を見る人の感じの変化にも気づきやすい。

あ、この人私のこと嫌いなのかな・・・とか、過剰なまでに気づき、その結果、私がいない方がいいよね・・・

と孤立していきます。

だから、"このボクを求める人に逢ってみたい"というのは、私の願いでもあります。今でも同じ。

どうして生まれたの 教えておくれ 赤い河よ

親と喧嘩してひどいことを言われた時は、好きで生まれてきたわけではないのでこのフレーズが強く胸に突き刺さりました。

小中高の12年間、学校という窮屈な箱に通わないといけないこと、それを抜け出してしまえばある程度の自由がきき、

私も別に普通に生きていて今楽しいですが・・・30年生きていて12年って40%でしょ?

そこで精いっぱい青春して楽しかった人に比べると、約半分、損してる気がして・・・

それに周りが楽しそうで私がつまらないとき、どうして私は生まれてきたんだろう?って思っていました。

大人になるとこうやって思い出すきっかけがない限り、忘れちゃうし、どうでもいいことになるんですけどね。

それは今が充実しているからかもしれません。そんな過去を振り返る余裕がないくらいに。

別に今が幸せかと言われれば別に幸せです!私!と言い切れるわけでもなく、あくまで平凡ですけどね笑。

生きてれば幸せを感じる瞬間も、どん底を感じる瞬間もやってきます。幸せしかない人なんていないのではないでしょうか。

どん底を感じたとき、B'zを聞くんです。元気出ますね。

あー同じ気持ちの人いた。作った人偉大な方です。天下の稲葉さんですよ。

そんな素敵な方でも、こんな風に悩んだり、こんな気持ちになるんだなぁって・・・

人間だな、ヒューマンだなぁって。



古い曲だからライブで聞いたことなかったけど、去年の12月23日に初めて生で聞けました。

その時、恐らく心が弱っていたのでしょうね。

赤い河を聞いて、自然と、涙が、ボロボロとこぼれ落ちました。

自分の悩みなんて、宇宙からしたら笑えるくらいちっぽけだなって

思えて。

いろんなことどーでもよくなって、すっきりしました。

そして次の日、クリスマスイブだったけど恋人と過ごすとかチキンを食べるとかそういうこと一切せず、

福岡から山口県行って日本の絶景観に行って感動して・・・
travel-dietician.hatenablog.com

大好きな写真撮って満足して帰りましたw

やっぱりライブは感動しますね。今年はどんな曲をやってくれるかな。

懐かしい曲をたくさん演ります宣言を松本さんがされているので、本当に待ち遠しい。


B'zには、一生、人生を支えてもらおうと思います!